足切りの意味と用法

一人ひとりの生徒によって、科目ごとの得意・不得意は違っているというのが実情です。そのような状況の中で、中学受験を考える上では、「足切り」と呼ばれるシステムの意味・用法を理解しておくことをおすすめします。

入学試験を実施した後、全科目の合計点数によって合否判定を行なうという学校がほとんどですが、中には、科目ごとの基準点(足切り点)を設定している学校も存在します。そのように、足切りが行なわれる試験では、受験した科目の合計点が合格ラインに達していても、科目ごとの基準点を下回る科目が一つでもある場合、不合格となってしまいます。

そういう風に、足切りに引っ掛かるのを防ぐためには、全ての科目でバランス良く点を取ることが大切になります。そういった事情を考慮に入れると、足切りのある試験を受ける場合には、苦手科目の克服に力を注ぐのがおすすめの対策と言うことができます。

とは言いながらも、足切り点が設けられている場合でも、そのハードルは決して高いものではありません。そのような事情から、ほとんどの場合には、科目ごとの基準点に達しないという場合には、全科目の合計点でも合格ラインに達していないという状況になっています。