併願による受験戦略

専願で第一志望の学校を受験すれば、併願による受験生よりも有利な条件で合否の選考がなされるので、合格する可能性が高くなるというメリットがあります。ただ、その学校の試験に落ちると、中学浪人になるリスクが高いという問題があります。また、そのような気持ちがプレッシャーとなって、本番の試験におけるパフォーマンスに悪影響が及ぼされるリスクが生じてきます。

それらのことが気にかかるという人は、併願で受験すると良いでしょう。併願の場合には、第一志望校の合否選考規準に於いて、専願者より不利な状況に置かれるものの、レベルや出題傾向の異なる複数の学校の入学試験を受けることで、行く学校が一つも無くなるというリスクを減らすことができます。

そのように、併願による受験戦略を立てる際には、願書を提出する学校の難易度をばらつかせたり、それぞれの学校の試験日に気を配ったりすることが大切です。例えば、チャレンジ校とも言うべき学校を第一志望とし、その学校を軸として実力相応校、安全校を上手に組み合わせることが大事になします。また、よほどのことが無い限り、合格することができる学校を早い段階で受験して、合格しておけば、余裕のある気持ちで後の試験を受けることができます。