第一志望専願の受験

全ての受験生が、第一志望校の入学試験に合格したいという気持ちを持っています。しかしながら、実際の中学受験では、誰もが、その願いを叶えることができるとは限りません。

そういう風に、第一志望の中学校に、合格する確率を高めるためには、その学校を専願で受験するという方法を選択することができます。専願の場合には、合否の決定に際して、併願よりも有利な条件で線香が行なわれるというアドバンテージが存在します。ただし、他の学校に願書を提出していないため、第一志望校の試験に不合格となった場合、行く学校が無くなるという事態に陥るリスクが高いので、注意する必要があります。

そのようにして、第一志望校を専願で受験する場合、その学校に入りたいという強い気持ちがプラスに作用して、普段の実力を上回るパフォーマンスの発揮されることが期待されます。ただ、その一方で、その試験に落ちたら、中学浪人になる可能性が高いというプレッシャーから、日ごろの実力を出し切ることができないという事態に陥り兼ねないので、気をつける必要があります。そのように、精神的な重圧に負けることが心配な場合には、滑り止めの学校を早いうちに受験しておくことをおすすめします。