特待生としての資格

学校へ通って教育を受けるためには、それなりの費用を支払うことが必要とされます。そういった事情から、優秀な学業成績を収めていながらも、経済的な事情を抱えているために中学の受験をためらったり、あきらめたりするという問題が起こる可能性があります。

そのように、中学受験に関する金銭的な問題を解決するためには、特待生としての入学資格を得るという選択肢があります。特待生制度を利用すれば、成績の優秀な生徒・学生の学費を一部、もしくは全部免除するという特典を受けることが可能となります。特待生を選抜するための方法には、大きく分けて二つの種類が存在します。まず一つ目の方法は、通常の入試を実施した後、成績上位者から特待生を選抜するというものです。次に、二つ目の方法では、あらかじめ特待生のための枠が設けられ、一般の生徒とは別に試験の実施・合格者の選抜が行なわれることとなります。

特待生制度を利用することで、高額な教育費の負担に悩まされずに済みますが、このシステムを過信すると、予期せぬ問題が起こるリスクが高まるので、気をつける必要があります。例えば、学業成績が一定の水準以下となった場合、特待生制度の適用を打ち切るという大学が見受けられます。