回し合格という制度

自らの志望する学校・コースなどの試験に合格し、入学資格を得ることができれば、それに越したことはありません。ただ、そのことだけに気を取られていると、重要な情報を見逃してしまうことになり兼ねないので、注意する必要があります。

主として私立や公立の高等学校に於いては、志望した特定のコースやクラス、学科の合格者には選抜されなかったものの、自動的に他のコースなどで合格するというケースが見受けられます。そういったプロセスで合格することを、「回し合格」「廻し合格」「スライド合格」といいます。このシステムが採用されている入学試験では、上位から下位のコースなどへスライドして合格するケースが多いのですが、逆に、一般コースから特進コースのように、下位から上位へとスライド合格するという事例も存在します。

公立学校に於いてこのシステムが採用されていて、第一志望から第二志望のコースへとスライドして合格になると、入学しなくてはいけないという場合がほとんどですので、気をつける必要があります。その一方で、私立学校の場合には、願書を提出する段階で設定しておけば、特進コース以外を併願として、入学試験を受けることが可能となります。