推薦入試への挑戦

一般的な筆記試験のほかに、推薦入試を受け、合格することによって、志望校への入学資格を得るという方法もあります。それらの推薦入試の中には、自分で自分を推薦するという方式で実施される、自己推薦入試と呼ばれるものが存在します。

そして、英語検定や漢字検定で、特定の資格を取得すれば、ほぼ無条件で合格が決定するという自己推薦入試が見受けられます。そのような情報を入手して、国語・算数・理科・社会という四つの科目の受験勉強をするよりも、一つの検定資格を取るための準備を進める方が楽だと考え、自己推薦入試を受けようと考える人が存在します。

しかしながら、頑張って検定試験に挑戦しようという積極的な動機で勉強している人と比べて、四科目の勉強が嫌だからという消極的な理由で準備している人が、合否決定のなされる際に、不利な状況に立たされるのは火を見るより明らかなことです。また、四つの科目を勉強する場合、科目によって学習する内容が異なるため、目先が変わりますが、一科目だけの勉強は、飽きやすいという問題点が存在します。そして、たとえ一つの検定資格であっても、自己推薦入試の合格ラインは、意外に高く設定されているので、注意する必要があります。