中高一貫校の特徴

熾烈な受験戦争に勝ち残り、志望校への入学資格を得るためには、それなりのエネルギーや時間、コストを負担しなければなりません。そして、これから中学受験をしようという子どもにとって、受験の機会は中学だけではなく、高校や大学へ進む際にも存在します。それらの事情を踏まえて、受験による負担を軽くするためには、中高一貫校を受験するという選択肢があります。

中高一貫校は、その名の通り中学・高校で一貫した教育体制が敷かれている学校で、基本的には、中学受験をクリアするだけで、高校まで進学することが可能となります。そのように、中高一貫校へ入学すると、受験の負担が軽くなるだけではなく、スタートの時点から、大学受験にターゲットを絞って準備を進めることができるというアドバンテージがあります。また、受験の必要性が無くなると、勉強だけではなく、クラブ活動に打ち込む時間が増えるというメリットも得ることができます。

ただし、受験によるプレッシャーが無くなることから、勉強に対するモチベーションが下がり、中だるみが起きやすいという問題があります。また、中高一貫校は、深い人間関係を築くのに適している一方で、人間関係が閉鎖的になりがちです。