入試説明会回りの時機

受験生を持つ親にとって、わが子の志望する学校をどこにするかは、大切な問題となります。そのような場面では、パンフレットやホームページなどで各学校に関する情報を収集することができます。また、それぞれの学校で実施される入試説明会に参加すれば、その学校に対するさらに具体的なイメージを持つことが可能となります。

ただし、入試説明会へ参加するのには、実施される学校まで出向くことが必要とされます。また、わが子の志望校を選ぶのに際して、複数の学校を比較・検討の対象とする場合には、それぞれの学校の入試説明会に参加することが大切な条件になります。入試説明会への参加を希望する場合には、それらのエネルギーや時間、コストがかかることを踏まえた上で、参加する時期などを適切に選択することが大事です。

例えば、子どもが6年生になると、塾通いや模擬試験の受験など、入学試験の準備が忙しくなります。それらの受験準備を効率良く進めるためには、塾や試験会場への送り迎えなど、親によるサポートが大切な役割を果たします。そういった事情から、子どもが5年生の内に、入試説明会へ参加しておくようにと、塾ですすめられるケースが多く見受けられます。