繰上げ合格って何?

志望する学校の入学試験を受けた後は、選抜される合格者の中に、自分の名前があるのを願って、発表の時を待つこととなります。そのように、入試の合格発表が行なわれる際には、正規の合格者に選抜されるのに越したことはありません。ただ、正規合格者に選ばれなかったからと言って、がっかりしてすぐにその場を後にすると、重要な情報を身落としてしまうことになり兼ねないので、注意する必要があります。

志望校の入学試験に合格し、入学する資格を得るには、正規合格者の中に名前が無くても、繰り上がって合格が認められるというケースがあります。そのように、正規合格者の発表に漏れ、後から繰り上がって合格することを「繰上げ合格」「補欠合格」と呼びます。

入学試験を実施する学校では、定員数の合格者を確保することが必要とされますが、合格しても入学を辞退する受験生が出ることを想定した上で、定員よりも多めに合格者を出すこととなります。ただ、そうした対策を講じても、予想を上回る数の入学辞退者が出て、合格者数が定員に満たないという問題の発生する可能性があります。そのような問題が起こった時に、足りない分の合格者を補う意味で、補欠合格者を出すこととなります。