点数と偏差値の違い

中学の受験準備を効率良く進めるためには、志望校のレベルや自分の実力を正確に把握して、本番の試験までに残っている時間の中で、その差を埋めるべく適切なスケジュールを作成し、実践することが大切です。そのような目的を果たすためには、偏差値と呼ばれる指標が多く用いられます。

偏差値は、学力などの検査結果が、集団の平均値からどの程度へだたっているのかを表す数値です。この指標を利用することにより、それぞれのテストの点数を比較するよりも、精度の高い情報を得ることができます。

ひと言で試験と言っても、その難易度や、受験生全体の得点のばらつきはそれぞれに違っています。そういった事情から、点数だけを比較しても、自分のいる位置が正確にわからないという問題が起こり得るので、気をつける必要があります。例えば、試験の点数が下がったからと言って、必ずしも成績が落ちたとは言い切れません。そのような場合でも、点数の下がり幅よりも大きく、平均点が下がっていれば、むしろ成績は上がったということになります。偏差値は、そうした試験ごとに異なる難易度、受験生のばらつきを踏まえた上で算出されているという意味で、利用価値の高い数値と言えます。