保護者によるサポート

学校や自宅、塾など、受験生が勉強をする環境には、さまざまな種類があります。それらの中で、自宅における学習環境を整える上で、親は大切な役割を果たします。そのように、保護者は勉強や、それ以外のさまざまな面で、受験生のサポートを行なってくれる存在と言えます。例えば、学校や塾、家庭教師、通信添削といった教育サービスを利用したり、教材を購入したりするための費用を負担したり、自家用車を使って塾や試験会場への送り迎えをしたりする親が見受けられます。また、朝の起床を手伝ったり、弁当や夜食をこしらえたりするというケースが存在します。

そういう風に、受験生が心おきなく勉強に打ち込み、本番の試験でその実力を遺憾なく発揮するために、親の果たす役割は大きいと言えます。ただし、そうした事柄を履き違えて、過剰な干渉を行なうと、それがたとえ子どものための思ってのことであっても、逆効果になります。例えば、勉強する気になっている子どもに対して、勉強をするようにと口やかましく言い過ぎることにより、その気持ちを萎えさせてしまうというケースが見受けられます。それらの問題が起こると、勉強以外の親子関係の悪化にもつながり兼ねないるので、注意する必要があります。