周りの人たちとの関係

保護者や学校の教師、塾講師、家庭教師、通信添削スタッフ、地域住民など、周りの人たちは、勉強や、その他のさまざまな面で受験生のサポートをしてくれる存在です。そのように、心おきなく受験勉強を行ない、本番の試験を受けることができるのは、さまざまな人たちのおかげだということを忘れてはいけません。

ただ、いくら世話になっているからと言っても、勉強や受験を、他の人に代わってもらうという訳にはゆきません。そういう意味で、受験戦争は、孤独なたたかいであると言えます。そのように、個人的な特性を最大限に活かして受験準備を進めるためには、独学が理想的な学習環境ということになります。ただ、独学では私生活との気分的な切り換えが上手くゆかなかったり、勉強をする習慣がつかなかったりするという人には、個別指導や家庭教師、通信添削といったマンツーマン指導のなされるサービスを利用することをおすすめします。

それらの教育サービスでは、一緒に授業を受ける生徒が存在しないために、他の生徒のペースに合わせなくて良いというメリットがあります。例えば、自身の苦手な分野を補強するために多くの時間を費やしたり、その分野に特化した教材を使ったりしやすくなります。