勉強以外の楽しみ

これから中学受験を控えている生徒にとって、その準備として、勉強をすることが大切なのは言うまでもありません。ただ、だからと言って受験生は勉強をするための機械ではなく、血の通った人間であるということを忘れてはいけません。そのような問題を軽視して、親や学校の教師、塾講師、家庭教師、通信添削スタッフといった周りの人たちが、勉強だけを押し付け、それ以外の楽しみをすべて取り払うような対応をすると、そのために精神的ストレスが蓄積して、かえって学習効果が下がったり、勉強ばかりしているために、本人の人格を形成する上で問題が生じたりするリスクが高まるので、注意する必要があります。

それらのリスクを軽減するためには、勉強以外のクラブ活動や友人・異性との付き合い、趣味などを頭ごなしにやめさせるのではなく、勉強の妨げになることのないよう、悩みの相談に乗るなどのサポートを行なうことが大切になります。そのように、勉強以外の楽しみがあると、それを気分転換や精神的なリフレッシュのために利用することができ、学習効率の上がることが期待されます。そういう風に、受験生の精神的なフォローなどを行なうためには、マンツーマン指導という環境が適しています。