指導対象生徒数の違い

個別指導塾や家庭教師、通信添削といった教育サービスでは、一人の生徒を対象とした学習指導が行なわれます。そのように、マンツーマン指導という環境の中では、他の生徒と足並みを揃える必要がなく、自分のペースで受験準備を進めることができるというメリットが得られます。ただし、その一方で、一緒に授業を受ける生徒が存在しないために、良い意味での刺激が少なく、張り合いを持って勉強をすることが難しいという問題が存在するので、気をつける必要があります。

そうした問題を解決するためには、集団指導塾を利用するという選択肢が存在します。集団指導塾では、その名の通り、複数の生徒が指導対象となっています。そのような環境下に於いては、生徒同士の間に競争意識や助け合いの気持ちが生まれ、模擬試験の成績を競い合ったり、分からない問題の解き方を教え合ったりする中で学習効果の高まることが期待されます。ただし、一人の先生が担当する生徒が複数存在するために、マンツーマン指導の学習環境と比較すると、一人ひとりの子どもに目が届きにくくなります。そういった事情から、個人の適性やニーズ、希望条件を活かした指導を行なうことが難しくなるので、注意する必要があります。