教育サービスの利用

塾や家庭教師、通信添削といった教育サービスを利用することにより、中学受験の準備を効率良く進めることができます。例えば、屋外にある特定の場所へ通ったり、決まった日時に指導を受けたりすることは、プライベートな生活との精神的な切り換えを行なったり、勉強をする習慣をつけたりするために役立ちます。また、塾講師や家庭教師、通信添削スタッフから、使用する教材の紹介や学習プランの提示、進路相談などのサービスを享受することが可能となります。

ただし、それらのサービスを利用するには、それなりのエネルギーや時間、コストを負担しなければなりません。例えば、自宅と塾を往復したり、指導を受けるために時間的な都合をやりくりしたり、指定された教材を使用することを余儀なくされたりするという問題が生じてきます。それらの負担が一定のレベルを超えると、そのために、かえって受験勉強の効率が下がるというリスクが存在するので、注意する必要があります。

そのようなリスクを減らすには、独学で受験準備を進めるという方法を選択することができます。独学の場合には、教育サービスによって時間や場所の制限を受けることなく、自由度の高い受験準備が行なえます。